Welocome to Rootsystem ルートシステム

ヒプノセラピストとして、長野県(山梨県寄り)福島県京都でヒプノセラピー(催眠療法)を行い、ヒプノセラピーサロン  "ルートシステム" を主宰する常世(とこよ)ゆかりのサイトです。

 

ルートシステムの公式サイトであると同時に、アマチュア作家として、八ヶ岳でナチュラルライフを送る一人の女性として、自由に生きるためのヒントを発信しています。

 

メールはこちらへ(^_^) メーラーが立ち上がらない場合は、所在地・料金・ご予約ページのお問い合わせフォームから送信してくださいね。

 

☆最新情報は随時、『ヒプノセラピストのホメオパシー夜咄』に掲載しています☆

Blog最新記事はこちら↓↓↓

テレビ放映のお知らせ
>> 続きを読む

京都でのセラピー日程と八ヶ岳でのご予約可能日
>> 続きを読む

◎健康ごはんブログ、『中年でもキレイでいたい! 簡単おかず・おつまみ』の最新記事はこちら◎

↓↓↓

旬のタケノコを使って
>> 続きを読む

ねぎぼうず
>> 続きを読む

新着トピックス (2016年7月10日更新)

・読売新聞社賞を受賞したエッセー、「ビタミンカラー弁当」が〈第二回 おいしい記憶〉映像として、短い動画になってTV放送されます。

放送日は、2016年 7月23日(土)、16時から、BSフジで。

〈第一回 おいしい記憶〉の動画は、キッコーマンさんの《おいしい記憶 映像コンテンツ》でご覧になれます。

 

あなたの人生はあなたのもの

人生は選択の連続です。どんな人生にするかはあなた自身が決めること。

どんなときでも、ひたむきにがんばっている人はとてもチャーミング。いくつになってもそんな女性でありたいと私も願いつつ、あなたがつらさや苦しみから解放されて、自由に自分の人生をプロデュースできるよう、応援します。

 

私は幼い頃からずっと劣等感のかたまりでした。そんな自分を、「これでいいのだ」と認めて受け入れられるようになったのは、セラピストとして開業してからです。だから、自己嫌悪の闇の深さも、押し寄せてくる感情の苦しみがどんなものかも、よく知っています。そこから自由になって、何ものにもとらわれずに自分の人生を創っていくすばらしさも、です。

ヒプノセラピーに興味を抱いているあなたへ 

クライアント様すべてが私の先生です。どんなに辛いことがあっても、それを乗り越えていける強さとしなやかさを人は持っているのだなぁと日々感動しています。私はこの仕事をはじめて、人が本当に好きになりました。

 

セラピー後、お茶とお菓子を頂きながらお話する時間は平和で穏やかです。クライアント様の多くは催眠中に自然と涙を流します(情動発散といいます)が、催眠後のお顔は清々しく輝いています。それを見て、なんて美しいのだろうと、また感動するのです。

 

〈前世療法〉〈インナーチャイルド〉〈胎児期退行〉〈トラウマ解放〉等のヒプノセラピーすべてを行っています。

 

※セラピールームは女性専用です(ご紹介者のいらっしゃる男性の方はOKです)

ヒプノセラピストとしての著書・掲載誌

【著書】2014年

『あなたの秘密 時空を超えて引き継がれる魂の12テーマ』(常世ゆかり著・BookSpace) 

電子書籍 Amazon Kindleストア、iBooks、楽天koboより配信中

 

当セラピールームでの膨大な前世療法施療を通して生まれた電子書籍です。繰り返されるあなたの魂のテーマとは? 

1.生存 2.変革 3.配偶者・もう一人の自分 4.勇気 5.コミュニケーション 6.平穏 7.奉仕・守護者 8.癒す 9.表現・継承 10.恋愛 11.求道 12.自死のトラウマからの解放

 

 

【著書】2004年

『前世療法でわかったアトランティスとムーの真実』(森庭ひかる著・たま出版)

 

'森庭ひかる'は、ペンネームです。この本を出版すると同時にヒプノセラピストとして開業しました。それまでの人生が180度くつがえるきっかけになった出来事を綴ったノンフィクションです。私自身、頭を殴られたような衝撃を受け、そして今となっては相当イッてしまっているのではないかとも思える内容ですが(笑)、この体験のおかげで、多少のことでは動じなくなりました。

『宝島』インタビュー記事
『宝島』インタビュー記事

 


                               【掲載誌】

  

・『Sundari』(白夜書房・2007年Vol 01)

"前世療法特集 前世が告げる私という女のすべて" の監修

 

 

・『宝島』(宝島社・2010年4月号)

"癒しの女神たち 2010"記事にグラビアインタビュー掲載

 

 

『宝島』"癒しの女神たち 2010" インタビュー記事
宝島.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 135.2 KB

アマチュア作家として (2012年~)

・2012年、「第3回 おいしい記憶エッセーコンテスト」(読売新聞東京本社・中央公論新社主催)にて読売新聞社賞を受賞したエッセーが読売新聞紙上と『婦人公論』に掲載されました。

 

☆2016年7月23日、BSフジで16時から、拙作が動画化され放映されます。

 

・2012年、「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」にて佳作受賞した文章が『今は亡きあの人へ伝えたい言葉 3』(鎌倉新書)に収録されました。